メールサーバーにメールのコピーを残す設定の解除

WindowsLiveMailでは、標準設定でメールサーバーにメールのコピーを置くような設定になっています。
そのままご使用になりますと、届くメールが蓄積してメール容量がいっぱいになり、新しいメールを受け取ることができなくなってしまいます。

下記の方法を参考に、メールサーバーにメールのコピーをおかないような設定を行ってください。

icon

1.WindowsLive Mailを起動します。

 

 

アカウント

2.「アカウント」タブから「プロパティ」をクリックします。

 

プロパティ

3.「詳細設定」タブ内の、「サーバーにメッセージのコピーを置く(L)」のチェックボックスをクリックしてチェックをはずします。

※初期設定ではこの部分にチェックが入っているため、メールサーバーからメッセージを削除できずにディスク容量がいっぱいになり、新しいメールを受けることができなくなります。

 

「OK」をクリックして設定を終了してから、「送受信」を行っていただくことでサーバーにたまっているメールを削除できます。

「送受信」を行った後に、自分のメールアドレスにテストメールを送信して、メールが届くかテストを行ってください。